葉っぱ

化粧砂利でガラッと印象チェンジ|庭の顔である木のお手入れ

庭木の手入れ

樹木

庭木の伐採に関して主に自分で伐採する、業者に頼んで伐採してもらうという二つの方法が挙げられます。前者の場合、業者に頼むより安くあがるという特徴があります。主なやり方として、自分で斧、チェーンソーなどを用いて切り倒し、玉切りして搬出し、処理場に持っていくというものがありますが、この方法ではそれ用の道具を自ら用意しなければならず、また、作業には危険が伴うため、自分で知識および経験を積んだ上で、あるいはその手の作業経験がある人の立会いの下、作業するべきでしょう。 後者の場合、電話、およびFAX、インターネットなどから依頼すれば、業者がやってきて全て作業してくれるので安心です。費用はかかりますが、肉体的、時間的な負担は全く無いというのが大きな特徴です。 自分の知識、経験を踏まえて、どちらにするか選ぶのが良いでしょう。

自分で伐採をする場合、のこぎりなどの道具を使って切り倒し、根っこをスコップなどで処理し、細かくしてゴミとして廃棄するだけでよいため、伐採の為の道具とゴミ袋の費用だけで済みます。ただしこれは細い、または短い木の場合である為、それ以外の場合、伐採したものを処理場に持っていってもらう費用(自分で持っていく場合はかからない)と処理してもらう費用が別途かかります。いずれの場合も業者に依頼して伐採してもらうよりは安いでしょう。 また、業者に頼む場合は伐採だけの費用を見た場合は 木の高さ×(0.2〜2)×5000 という金額が一般的です。 ただし、それ以外の人件費なども考慮すると、大幅に変わってきます。 また、伐採したい対象物がある場所の立地条件も重要になっています。 仮に、大型の作業機械が入れないような狭い路地しかない様な場所の場合、小型の作業機械を稼動させなければならず、その分稼動回数が増え、比例して費用が余計にかかるでしょう。また、業者によって所有している作業機械は異なっており、作業の経験も異なっている為、できる事できない事にも差があります。事前に複数の業者に見積もりを出してもらい、その上で決めるのが良いでしょう。

Copyright© 2016 化粧砂利でガラッと印象チェンジ|庭の顔である木のお手入れ All Rights Reserved.